神戸Rマンション地下駐車場

神戸市で進行していた機械式の立体駐車場を自走式の駐車場に改造する工事が完了しました。

75台停められる機械式駐車場でしたが、高齢化で車も減り、立体駐車場システムも古くなって、メンテナンスコストがかかるということで、27台停められる自走式の駐車場に改造する工事でした。

元の立体駐車場の鉄骨骨組を部分的に活かして、新たに鉄骨で骨組みして、コンクリートで床をつくりました。

地下で非常に狭く、重機も入らないところなので、工事計画から、とても苦労しました。

重機もカニクレーンという小型の自走式のクレーンを使って、鉄骨解体や鉄骨組みを行いました。

また、もともと車を入れる倉庫なので、換気設備も十分ではなく、工事中の埃や煙などの換気対策も送風機をたくさん設置して、換気したりと、作業環境の改善に努めました。

地下で900㎡ほどあるんですが、間口が8mで奥行80m以上ある細長いスペースで入口が1方向からしか搬入できないなど、条件も厳しいものでしたが、事故なく無事に工事が完了してなによりです。

↓工事前の立体駐車場

 

 

 

工事完了後に、安全祈願した神社へ工事完了の報告して来ました😄