曳家・揚前最新事例
  • O邸曳家工事

    詳しくはこちら

    ご依頼は揚前工事のみのでしたが、打合せ中に施主様が「もう少し蔵が奥に…

曳家・揚前BLOG
住んでいる人にとって大切な資産となる住宅。
住み慣れた家だからこそ愛着や思い出と共に、不満や不安もでてきます。
例えば古民家。
古民家住宅で心配なのが地盤沈下や経年劣化による建物の傾きです。 地盤沈下や傾きを補強・矯正するにはリフォームではなく、「古民家再生」が必要となります。 古民家再生時は多くの場合地盤補強が必要となります。 日の出組では古民家再生の際、家屋を安全に持ち上げて、基礎工事の改修等を行う揚前工事をお勧めしています。 慣れ親しんだお住まいを壊すことなくそのまま地盤を補強し、長持ちさせることができます。 住み慣れた家への不安を解消し、将来も受け継ぐ事のできる家に蘇ります。 また、長く住んでいると、土地の有効活用や、区画整理等でやむを得ず引っ越ししなければいけないといったことも考えられます。 日の出組の曳家工事は新しい家に引っ越す必要はありません。 お客様の大切な家を傷つけることなくより快適な環境へ移動しします。

日の出組はお客様が住み慣れた家、家への想いを大切にしたいと考えます。
古民家の曳家・揚前工事をお考えの方は日の出組にご相談ください。