イメージ クリックで拡大表示玄関横には施主様こだわりの愛車ポルシェが駐車できる大きなガレージを完備。 外壁もすべて焼板で統一し、周囲の景観に溶け込む外観に仕上がりました。
イメージ クリックで拡大表示 イメージ クリックで拡大表示
イメージ クリックで拡大表示 イメージ クリックで拡大表示
イメージ クリックで拡大表示 イメージ クリックで拡大表示 イメージ クリックで拡大表示外部の開口はすべてペアガラスのアルミサッシとし、外壁は通気層を設けて内部を断熱充填し、断熱性能を向上させました。設備的にもシステムキッチン、電気式床暖房、オール電化、門扉の電気錠など、すべて一新。これから先、100年、200年と受け継がれていく住まいになってくれることを願っております。
イメージ クリックで拡大表示

百年先を見据え生まれ変わった
大正時代から続く旧家

大正時代から続く旧家の大規模な古民家再生工事です。
基本的には既存の柱・梁を生かしたまま新たにプランニングし、その間取りに合わせて構造を補強していきました。まず、室内の既存天井を撤去し、内部の小屋組みを見せる小屋組み天井にしました。その小屋組みも一本一本金物補強、埋め木補強、洗い、塗装を行い古民家ならではの味わいを活かした内観としました。
大屋根は棟と軒桁を残してすべて解体し、屋根の"むくり"もすべて高さを再調整し、垂木を組んで日本瓦を新調。ところどころにガラスの瓦を葺き、内部に光を落し暗い室内を明るく開放的にしました。

H様邸古民家再生工事

構造 木造
階数 2階建て
敷地面積 414.97
建築面積 209.81
延床面積 293.5
竣工年月日 平成24年5月28日
設計・監理
施工

平井憲一建築事務所
蠧の出組
イメージ クリックで拡大表示

古民家再生の商品紹介を見る

  お問い合わせご相談は・・・ 072-872-1212
戻る