企業情報

(株)日の出組がめざすもの

地球に優しく
イメージ

私たち人間は、地球を自分たちだけのものだと、おごりだけで様々な環境破壊を繰り返してきました。しかし少し立ち止まって考えてください。今その仕返しが既に私たちに降りかかってきているのです。地球温暖化・オゾンホール・砂漠化・酸性雨・ヒートアイランド現象…。
このような環境対策にこそ、私たちは答えていく必要性があるのです。
今私たちに出来る事は、既存の建物を最大限に活かし、再び住みよい建物に造りかえることなのです 。


未来を見据えた社会づくりへの貢献
イメージ

未来の世代の生存の可能性を満たしていく「サスティナビリティー(Sustainability ・持続可能性)」。
私たちが持続可能な将来を築き上げていくために経済成長のみを追求するのではなく、近代科学の目的であった自然を“支配”するという考えから、自然と“共生”していくという考えに価値観を根本から変えていきます。
その上で自然素材を使用し人にも社会にもよりよい暮らしを実現しようとする住宅「ぷらすOne」や、昔ながらの家を未来に残していく「古民家再生」、出来るだけ今ある状態を保ち次代へと流用させていく「曳家・揚前工事」など、実際の業務を通して持続可能な社会づくりへの貢献を続けています。


Pure Dreams(ピュア ドリームス)
「夢」伝えて、豊かな未来。Pure Dreams

私たち株式会社日の出組は1900年の創業以来、誠実、親切、信用を経営信条としてきました。
そして今、未来の世代の可能性や持続可能な将来を築き上げることに貢献していくために挑戦を続けています。
「サスティナビリティー(Sustainability ・持続可能性)」をキーワードとして、環境や社会的な配慮を行い、人、企業、地域、地球全体が持続的に発展していこうという考え方を取り入れた企業メッセージ「Pure Dreams(ピュア ドリームス)」を提唱しています。
これは建設業を通して自然と環境を大切にするとともに、これからの社会を担っていく未来の子供たちへ「明るい未来へ希望を持って生きていこう!」というメッセージもこめられています。
私たちは今の豊かさを子供たちに伝え、人にやさしく、ゆとりある暮らしの実現をめざしこれからも挑戦し続けていきます。


HINODE   日の出組ロゴマークの趣旨

日の出の「HI」を、立ち並ぶ建築物に例え、そこから昇る朝日(日の出)を赤丸で表現。
メインカラーの緑は、自然に優しい環境づくりを目指すことを表しています。
そしてHとIを組み合わせると「ハイ」とも読めることから、元気あふれる企業イメージも表現しています。

戻る